高校二年生の秋-さよなら美江学生掲示板

高校二年生の秋-さよなら美江

  • 美江は笑っていた。僕は美江の顔を見て笑顔になった。バスが出発した、排気ガスが僕らを包む。「くっさ!」美江も思わず「くっさ!」それから、しばらく歩いて山田孝之公園に入った。エントランスだよ美江、美江は頷いて言った「ここから私達の冒険が始まるのね」僕の鼻から今朝食べた朝食のパスタが飛び出した。美江は川を眺めている。美江は言った「サンズノカワヨ」僕は今朝、飲んだ飲むヨーグルトを鼻から吹き出した。ちょうど日陰になっている木の下で僕たちは休んでいた。美江は「今日は涼しいわね」と言う。僕は美江に進学のことについて相談した。「ハーバード大学か東大どっち行こうか迷ってるんだ。東大は日本では一番だけど、それは日本限定の話だから上を目指すならハーバード大学かなって、美江はどこの大学行くんだ?」美江は言った「コンピューター専門学校よ」僕のオナラで地面が爆発して美江は死んだ

  • 連絡先を交換したり個人情報の投稿、他の方が不愉快になる投稿は禁止です。

    ニックネーム:
    パスワード:
  • 銃の底にはまだ熱が残っている

  • 安倍ぴょんは空を見て思った。あの雲に乗りたい。僕は安倍ぴょんの中に眠る意識、安倍ぴょんの気持ちの安全と調整を計る意識である。安全ぴょんは壁をよじ登ろうとしている。危ない!やめやめ!僕が安全ぴょんの意識に働きかけると安全ぴょんは壁登りをやめ「チョエエエエエエエ!!」と走りだした。車が前から来ている。安全ぴょん危ない!回避!回避!!安全ぴょんは車に背を向け全速力で走りだした。アラレちゃんみたいに。「ぶええええええええ!!」安全ぴょんの前には奈落の底と呼ばれる谷がある。安全ぴょんジャンプ!ジャンプ!!ピョーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!! 安全ぴょんは目を覚ますと宇宙空間を漂っていた

  • 次回作は、安倍ぴょんのぴょんでジャンピング

  • この小説は、ここまでで終わりです

  • 三池崇史「またやるんだと思いました」
    小栗旬「この役キツいです」
    石原さとみ「ご家族の方から年配の方まで楽しめる作品となってます」
    窪田正孝「僕は初出演ということで寝る前から台本を読み込み、日常から友人として意識して役になりきりました」
    安倍晋三「だから戦争はしないと言っているだろ!!税金はあげるよ勿論!!」

  • 続報、高校二年生の秋-さよなら美江IIの製作を東宝が発表。キャストは以下のとおり
    僕、小栗旬
    美江、石原さとみ
    友人、窪田正孝
    担任の先生、安倍晋三
    監督、三池崇史

  • 三池崇史「この作品は僕の想像を遥かに超えていた。映像化することへの対抗はあったが、僕の全財産。これまでの僕が撮った映画の実力をこの作品に捧げようと思った」
    小栗旬「いやぁ、作者の方と対談して、こんなイケメンな方を僕が演じていいのかなと不安に思いましたが、帰り際の力強い握手と声援に心を打たれ真剣に演技に取り組もうと思いました」
    長澤まさみ「原作を読んでない方も、原作を読んだ方も必ず面白いといえる作品になっています」
    伊藤英明「僕の筋肉シーンは見物」
    安倍晋三「家に空き巣が入ったと友人から電話があっても僕は彼を助けてやることはできないけど、彼がDQNに絡まれてるところを助けてやることができる」

  • キャスト
    僕、小栗旬
    美江、長澤まさみ
    美江の元カレ、伊藤英明
    警察官、安倍晋三
    監督、三池崇史

  • 美江が生きていた!?復讐に燃え上がる美江が夜な夜な柵の向こうで僕の脱獄の邪魔していた。恋人同士の戦争の開幕。そして美江の元カレがショットガンを持って刑務所を血の海に…続きはWebで

  • 僕の脱獄計画がスタートする。

  • 美江が死んで30秒が経過した。僕はまだ笑うことはできないけど、それでも強く生きていこうと心に誓い公園を後にした。飛行機が空に線を描きそれは下から見るより他ならないことだった。僕は吉野家に入って牛丼つゆだく卵入れてねを注文して数学の参考書を開いた。解答を読んで一問解いたところで大学進学に余裕を感じ店をでた。映画館の受付で受付嬢にエロ動画を見せてこれを上映できないかと交渉していると警察官が入ってきたので失礼のないようにとお疲れ様ですと挨拶すると僕の手首に金属の輪っかをはめようとしたので懸命に金属アレルギーで身に付けた瞬間、即死すると説明した。それでもお構いなしに手錠を付けようとしたので警察官を蹴って大声出しながら上映する廊下を走った、後ろから待てーと声がする。僕は捕まえれるもんなら捕まえてみろよ税金泥棒と罵詈雑を言った。警察官に捕まった。美江死体遺棄殺人事件と公務執行妨害で逮捕されましためでたし

  • 美江は笑っていた。僕は美江の顔を見て笑顔になった。バスが出発した、排気ガスが僕らを包む。「くっさ!」美江も思わず「くっさ!」それから、しばらく歩いて山田孝之公園に入った。エントランスだよ美江、美江は頷いて言った「ここから私達の冒険が始まるのね」僕の鼻から今朝食べた朝食のパスタが飛び出した。美江は川を眺めている。美江は言った「サンズノカワヨ」僕は今朝、飲んだ飲むヨーグルトを鼻から吹き出した。ちょうど日陰になっている木の下で僕たちは休んでいた。美江は「今日は涼しいわね」と言う。僕は美江に進学のことについて相談した。「ハーバード大学か東大どっち行こうか迷ってるんだ。東大は日本では一番だけど、それは日本限定の話だから上を目指すならハーバード大学かなって、美江はどこの大学行くんだ?」美江は言った「コンピューター専門学校よ」僕のオナラで地面が爆発して美江は死んだ

投稿できる人

誰でも投稿できます。

ご意見ください

皆さんの意見を参考にしていきたいと思いますので、思ったことがあればこちらの管理人室に書き込みお願いします